文字サイズ 

第24回イソプレノイド研究会(2014)

日時:平成26年9月12日(金)12:55-18:00

会場: 岡山大学津島キャンパス内50周年記念館(2F 大会議室)

所在地:700-8530 岡山市北区津島中1-1-1

参加費:一般3000円, 学生1000円

懇親会会場:岡山大学津島キャンパス生協「ピーチ4F」

懇親会費:一般4000円, 学生2000円


今年度の研究会から以下のように研究奨励賞を設けています。

(1) 学生(ポスドク等を含む)による講演発表に研究会奨励賞を授与。

(2) 奨励賞選考は,研究会参加者の投票。

(3) 参加者の投票で同数の場合は,役員で協議の上,受賞者の決定。

(4) 表彰は懇親会で。

●第24回イソプレノイド研究会(2014)での研究会奨励賞の受賞者

・高橋香織(D3)北海道大学低温科学研究所

 「Light-harvesting-like proteinによるgeranylgeranyl reductaseの局在化」

・吉田悠里(D1)東京大学生物生産工学研究センター

  「イネのジテルペン型ファイトアレキシン生産における転写制御ネットワーク」

[この項目を閉じる] 

プログラム


12:00~ 受付

12:55~13:00 開会の辞 佐上 博(東北大 多元物質科学研究所)


一般講演・前半 各15分(討論含む)


13:00~13:45 座長:高橋征司(東北大院 工学研究科)

1.Light-harvesting-like proteinによるgeranylgeranyl reductaseの局在化

◯高橋香織1, 高林厚史1, 田中歩1, 田中亮一11北大・低温研)

2.β-アミリンを蓄積する組換え体イネにおける病害抵抗性亢進機構の解析

西羅達一朗1・中辻由加里2・楠和輝2・池田宏介1・後藤優太2・眞野愛弓2・Anne Osbourn3・松浦恭和4・森泉4・平山隆志4・能年義輝1,2・豊田和弘1,2・白石友紀12,5・山本幹博1,2・一瀬勇規1,2・◯稲垣善茂1,21岡大院環境生命・2岡山大農・3JIC, Met. Biol.・4岡大植物研・5現岡山生物研)


3.イネのジテルペン型ファイトアレキシン生産を負に制御するbZIP型転写因子の機能解析

◯宮本皓司1,西澤洋子2,南栄一2,野尻秀昭3,山根久和1,岡田憲典3

1帝京大・バイオ,2農生資研,3東大・生物生産工学研究センター)



13:45~14: 30 座長:佐藤 努(新潟大院 自然科学研究科)


4.イネのジテルペン型ファイトアレキシン生産における転写制御ネットワーク
◯吉田悠里 1 , 宮本皓司 2 ,山根久和2 ,野尻秀昭 1 , 岡田憲典 1
(1東大・生物生産工学研究センター,2帝京大・バイオサイエンス)


5.揮発性リモネンの病原糸状菌に対する抗菌性ならびに植物の病害抵抗性に与える影響

◯藤岡佳代子1,3,5,後藤晴子3, 野海 拓3, 飯尾賢太郎2,能年義輝1,2,稲垣善茂1,2,山本幹博1,2,一瀬勇規1,2,白石友紀1,2,4,豊田和弘1,2
1岡大院・自然科学,2岡大院・環境生命,3岡山県立矢掛高,4現 岡山生物研, 5現 岡山県立井原高)

6.ARR14によるMEP経路酵素遺伝子群の発現制御とその生理機能解析
◯橋川博一1,高林祐輔1,萬年一斗1,高橋征司1,本橋令子2,古山種俊3,中山亨1東北大院・工,2静岡大院・農,3東北大・多元研)

14:30~15:30 座長:岡田憲典(東大 生物生産工学研究センター)

7.パラゴムノキのゴム粒子に含まれる天然ゴム合成酵素の解析
◯山下哲1,水野槙恵1,山口晴彦2,宮城ゆき乃2,高橋征司1,中山亨1
1東北大院・工,2住友ゴム工業(株))

8.短鎖シス型プレニルトランスフェラーゼの反応制御機構
◯高橋 征司,沓川 諒,末永 美樹,中山 亨(東北大・院・工)

9.インドールジテルペンの生合成に関与するプレニル基転移酵素に関する研究
劉 成偉1,3,藤盛 道子2,南 篤志1,野池 基義3,佐藤 康治3,大栗 博毅1,及川 英秋1,◯大利 徹3
1北大院・理, 2北大院・総化, 3北大院・工)

10.メタン生成アーキア由来のω-末端特異的ゲラニルゲラニル基還元酵素
◯小川拓哉,磯部圭祐,森健,浅川晋,吉村徹,邊見久(名大院・生命農)

15:30~16:00 休憩 30分
一般講演・後半 各15分(討論含む)

16:00~17:00座長:邊見 久(名古屋大院 生命農学研究科)

11.スクアレンの両末端環化:オノセロイド合成酵素の初めての同定および龍涎香主成分ambreinの酵素合成
◯上田大次郎,星野 力,佐藤 努(新潟大院自然・農応生化)

12.Bacillus megateriumによって生産されるファルネシルファルネシルアセトン
◯岡本 渉,佐藤 努(新潟大院自然・農応生化)

13.芳香族基質 O-プレニル化酵素 cDNA の機能解析と分子進化
◯棟方涼介1,Jacob Florence1,肥塚 崇男2,杉山 暁史1,矢崎 一史1
1京大・生存圏,2山口大・農)

14.コエンザイムQ結合タンパク質Coq10の解析
◯川向 誠1,崔鉄忠1,戒能智宏1,村井正俊2,三芳秀人2
1島根大学・生物資源,2京都大・農学研究科)

17:00~18:15 座長:戒能 智宏(島根大 生物資源科学部)

15.バンコマイシン感受性により分類された黄色ブドウ球菌の臨床分離株におけるウンデカプレニルリン酸代謝の測定
酒井 良太1,金坂 伊須萌1, 2,小林 寅喆3,◯藤崎 真吾1
1東邦大・理,2東邦大・佐倉医療センター,3東邦大・看護)

16.ヒト大腸癌細胞における核内受容体FXRを介する新規シグナル伝達機構の解析
◯藤井 博1,2,3,川村悠気2,久保田 千晶2,鈴木 久嗣2,川口 耕一郎3
(信大先鋭融合研・バイオメディカル研・代謝ゲノミクス1,信大院・応用生命2,信大院・総合工3

17.ヒト肝癌由来細胞株における[S]2,3-diGGAによる脂肪滴の増大とリソソームの肥大化
◯牧翔太,佐上博,四童子好廣
長崎県立大・院・細胞生化学,東北大・多元物質科学研究所)

17:45~18:15 佐上博先生特別講演

18.Dolichol Biosynthesis : The Occurrence of Epoxy Dolichol in Skipjack Tuna Liver
◯Hiroshi Sagami1 , Terumi Ishiguro, Yuiko Morita-Fujimura2 and Yoshihiro Shidoji3
(1IMRAM Tohoku University, 2IDAC Tohoku University, 3Graduate School of Human Health Sciences, University of Nagasaki)

18:15~18:20 閉会の辞 川向 誠(島根大 生物資源科学部)


[この項目を閉じる]